イベント・セミナー

2016年04月08日(金)開催

シリコンバレーに学ぶ起業家精神~イノベーション噴出の仕組み~

 次世代を担う若年層を対象に、イノベーションの聖地と呼ばれる
シリコンバレーのエコシステムを紹介するセミナーを開催します。
講師は毎回大好評のMark KATO氏。さらに今回は、実際に
シリコンバレーを訪れた若者達によるトークセッションもご用意。

 次世代を担う若年層にとって起業が現実味のある身近なものとな
り、起業家精神を育むことを目指した本セミナーは、同じ志をもつ
若年層同士のネットワーク作りにも役立ちます。奮ってご参加下さい!

主 催:公益財団法人 都市活力研究所
共 催:大阪イノベーションハブ
日時 2016年04月08日(金)
15時~17時(受付開始14時30分)
開催場所 大阪イノベーションハブ
大阪市北区大深町3番1号
グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC
プログラム ・14:30〜受付開始

・15:00~16:30
 「シリコンバレーに学ぶ起業家精神~イノベーション噴出の仕組み~」
  Silicon Valley-Japan Business Consulting CEO Mark KATO氏

・16:30〜17:00
 トークセッション「シリコンバレーで学んだこと」
  シリコンバレーツアー2016参加者より2~3名(予定)
講師
Mark Kato(マーク カトウ)氏
Silicon Valley-Japan Business Consulting (www.svjbc.com ) CEO

マーケティング及びビジネスデ・ベロップメントの専門家。主にアメリカの大企業(Hewlett Packard, Agilent Technologies, Advanced Micro Devicesなど)に従事し、日本で12年、シリコンバレーで25年以上のビジネス経験あり。シリコンバレーにおいてマーケティング戦略の作成から、セールス資料作成、プレゼンテーション作成、アメリカ人トップエンジニアに対しての技術セミナー等の実績があり、現在Silicon Valley-Japan Business Consulting (www.svjbc.com ) のCEOとして日米間のビジネスに関するコンサルティングをアメリカおよび日本企業に対し実施。また、2013年から日本貿易振興機構 (JETRO) のシリコンバレー・イノベーション・プログラムにおいてメンターとして若手起業家の育成に尽力。
ボランティア活動にも積極的で、2008年から2010年の3年間Keizai Society (www.keizai.org )のCo-Presidentを務め、2014年まで同組織のBoard Memberとして活動。2010年から2014年までUS-Japan Innovation Awards (http://www.usjinnovate.org/ )の選考委員。2012年より日本の大学・地方自治体等で毎年40-50回の講演活動。2013年にサニーベール姉妹都市協会を設立して初代プレジデントに就任し、福岡県飯塚市との草の根運動を始める。電子工学専攻。
シリコンバレーに学ぶ起業家精神~イノベーション噴出の仕組み~
参加費 無料
定員 30名(学生対象)
申込 ページ下の「申込はこちら」ボタンよりお申込ください。
お問い合わせ先 公益財団法人 都市活力研究所
TEL:06-6359-1322 FAX:06-6359-1329
メール:ページ右上の「お問い合わせ」ボタンよりお問い合わせください。

 当財団では、個人情報管理基本方針に従って個人情報を取扱っています。
▼個人情報の利用目的
 お申込みの際に記入いただいた個人情報は、このイベントを実施するために利用いたします。また、同意が得られた場合のみ、今後のイベント関連のご案内送付に利用させていただきます。
▼個人情報の共同利用
 お申込みの際に記入いただいた個人情報は、以下の共同利用者及び利用目的のために、共同して利用させていただくことがあります。
1.共同利用する個人情報の項目
お申込みの際に記入いただいた事項。氏名、メールアドレス、所属、電話番号等、以下利用目的に必要な範囲の項目。
2.共同利用者
このイベントの主催者、共催者、後援者、ならびに講演者。
3.利用目的
このイベントを実施するため。また、同意が得られた場合のみ、今後のイベント関連のご案内送付に利用させていただきます。
4.管理責任者
各共同利用者。


 なお、法令に定める場合を除き、これら以外の目的には利用または第三者提供いたしません。
 また、イベント開催時に風景写真を撮影し、財団ホームページ等に掲載する場合がございます。掲載にご同意いただけない場合は事前にお申し出いただきますようお願い申し上げます。