イベント・セミナー

2017年07月28日(金)開催

日本マイクロバイオームコンソーシアム設立記念シンポジウム

日本マイクロバイオームコンソーシアム設立記念シンポジウム
「産学官が一体となったマイクロバイオーム研究の健康医療応用に向けて」

【主催】一般社団法人日本マイクロバイオームコンソーシアム
【協力】公益財団法人都市活力研究所

 健康や疾患との関わりが明確となったヒトマイクロバイオームの研究は,医薬品・食品・化粧品・検査等の多岐に渡る革新的製品やサービスの創出といった健康医療への応用につながるとの期待が高まっています。一方で,マイクロバイオームは民族や地域による違いが顕著であるため,産業応用に向けてはその点を考慮したデータ基盤づくりが重要となります。
 本年4月に設立された一般社団法人日本マイクロバイオームコンソーシアム(JMBC)では,ヒトマイクロバイオーム研究成果の産業視点による健康医療への迅速な応用を目指しています。我が国独自の健常人データベースの構築は、民族性・地域性を踏まえた健常なヒトマイクロバイオームを定義することを可能とし、健康医療に関連する新たな製品やサービスの創出を加速することができると考えています。
 そこで、本研究領域の産業応用への大きな期待を起点に,基盤となる健常人データベース構築に向けた産学官の連携体制の推進を加速するべく,国内の最先端の研究者を招へいし,本シンポジウムを企画しました。 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

講演要旨入りプログラム

日時 2017年07月28日(金)
12:50~17:35(シンポジウム)
17:50~20:00(交流会)
開催場所 THE GRAND HALL 品川
(東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー3階)(アクセス)
プログラム (1)12:50~13:00 (10分)
開会挨拶
竹中 登一 (JMBC 代表理事)

(2)13:00~13:25 (各5分)
来賓挨拶
上村昌博 様 (経済産業省 商務情報政策局 生物化学産業課 課長)
板倉康洋 様 (文部科学省 研究振興局担当 審議官)
浅沼一成 様 (厚生労働省 大臣官房厚生科学課 課長) 
菱沼義久 様 (農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究総務官)
松原謙一 様 (大阪大学 名誉教授)

(3)13:25~13:30 (5分)
「シンポジウムプログラムの紹介」
寺内 淳(JMBC 運営委員長)

(4)13:30~13:55 (25分)
「ヒト腸内細菌と大腸がん発病モデル」
山田 拓司 氏 (東京工業大学 生命理工学院 生命理工学系 准教授)

(5)13:55~14:20 (25分)
「ヒト腸内細菌叢の機能理解に向けたメタボロゲノミクスアプローチ」
福田 真嗣 氏 (慶應義塾大学 先端生命科学研究所 特任准教授)

(6)14:20~14:45 (25分)
「マイクロバイオーム研究基盤としての標準Mock Communityへの期待とその課題」
川﨑 浩子 氏 (独立行政法人 製品評価技術基盤機構 課長)

(7)14:45~15:10 (25分)
「日本人腸内細菌叢の特徴と国間多様性—我が国独自の細菌叢データ収集の重要性」
服部 正平 氏 (早稲田大学 理工学術院 先進理工学研究科 教授)

<15:10~15:30 休憩>

(8)15:30~15:55 (25分)
「データの統合解析に向けた標準化・バンキングの現状と課題」
谷内田 真一 氏 (大阪大学大学院 医学系研究科 医学部 ゲノム生物学講座・がんゲノム情報学 教授)

(9)15:55~16:20 (25分)
「ヒトマイクロバイオームビッグデータ集積と健康医療応用の現状と展望」
國澤 純 氏 (国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 ワクチンマテリアルプロジェクトリーダー)

(10)16:20~16:45 (25分)
「マイクロバイオーム研究の産業応用への期待とその基盤構築へのロードマップ~JMBC設立の経緯~」
寺内 淳 (JMBC 運営委員長)

(11)16:50~17:30(40分)
パネルディスカッション
進 行 役: 寺内 淳 (JMBC 運営委員長)
パネリスト: 川﨑 浩子 氏、谷内田 真一 氏、國澤 純 氏
臼田佳弘(JMBC 副運営委員長)、片岡二郎(同左)、湯原悟志(同左)


(12)17:30~17:35 (5分)
閉会挨拶
寺内 淳 (JMBC 運営委員長)
参加費 ◆一般◆
シンポジウム 3,000円
交流会 2,500円(事前申し込み)、3,000円(当日)

◆官・学・公益法人◆
シンポジウム 無料
交流会 2,500円(事前申し込み)、3,000円(当日)

◆JMBC会員◆
別途、参加届出必要

お申込み後、参加証がメールで届きますので、記載された銀行口座にお振込みをお願いします。期限は7月26日(水)15時です。
如何なる理由におきましても、一旦お振込み頂いた参加費のご返金等はできませんので、ご了承くださいませ。
定員 400人
申込 事前申込みをお願いいたします。定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。お申込み数が順調に伸びているため、事前申込みなしでの当日のご参加の受付は中止させていただきます。ご了承くださいませ。

(ページ下の「お申込はこちら」ボタンよりお申込ください)
お問い合わせ先 一般社団法人日本マイクロバイオームコンソーシアム事務局
(公益財団法人都市活力研究所 内)
TEL:06-6359-1322 FAX:06-6359-1329
メール:jmbc_secあっとurban-ii.or.jp
※「あっと」の部分を「@」に変換してお問い合わせください。

■■■ご注意■■■
当財団は本シンポジウムの主催者である(一社)日本マイクロバイオームコンソーシアムより事務局を受託しております。その一環で、本シンポジウムのWEB掲載並びに申込みシステムを提供させていただいております。
当財団の申込みシステムにて入力された【個人情報】は、主催者である(一社)日本マイクロバイオームコンソーシアムに提供させていただきます。その他の団体および個人に開示・提供することはありません。ご本人のご同意を得ないで、この利用目的以外に個人情報を利用することはありません。

 当財団では、個人情報管理基本方針に従って個人情報を取扱っています。
▼個人情報の利用目的
 お申込みの際に記入いただいた個人情報は、このイベントを実施するために利用いたします。また、同意が得られた場合のみ、今後のイベント関連のご案内送付に利用させていただきます。
▼個人情報の共同利用
 お申込みの際に記入いただいた個人情報は、以下の共同利用者及び利用目的のために、共同して利用させていただくことがあります。
1.共同利用する個人情報の項目
お申込みの際に記入いただいた事項。氏名、メールアドレス、所属、電話番号等、以下利用目的に必要な範囲の項目。
2.共同利用者
このイベントの主催者、共催者、後援者、ならびに講演者。
3.利用目的
このイベントを実施するため。また、同意が得られた場合のみ、今後のイベント関連のご案内送付に利用させていただきます。
4.管理責任者
各共同利用者。


 なお、法令に定める場合を除き、これら以外の目的には利用または第三者提供いたしません。
 また、イベント開催時に風景写真を撮影し、財団ホームページ等に掲載する場合がございます。掲載にご同意いただけない場合は事前にお申し出いただきますようお願い申し上げます。