イベント・セミナー

2017年12月04日(月)開催

観光イノベーションアカデミー

観光イノベーションアカデミー
公益財団法人都市活力研究所とFIT株式会社は、既存の観光ビジネスに革新を起こしたいと考えている方々を対象とした連続講座、「観光イノベーションアカデミー」を創設します。
インバウンド観光客が2000万人を突破し、新しいステージに入った観光業界。私たちはこの分野を高水準の利益が安定的に確保でき、働くことが誇りに思えるように変革していくことで一過性ではない持続可能な「観光立国・日本」を実現していきたいと考えています。
ぜひ同じ目標をもった仲間と共に、イノベーションを起こしましょう!
日時 2017年12月04日(月)
19時〜21時
(12〜3月にかけて計4回連続講座です)
開催場所 都市活力研究所 セミナールーム
大阪市北区大深町3番1号
グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC (地図)
プログラム 対象:観光分野での起業や新規ビジネスの立ち上げに興味がある
学生・社会人の方 ※概ね40歳ぐらいまでの方

今年度はトライアルとして、4講座を連続開催します。
講師
12/4(月)  JTIC SWISS 代表 山田 桂一郎氏
「観光マーケティング概論」

スイス・ツェルマット観光局日本人対応インフォメーション、セールスプロモーションを経て、JTIC,SWISS(日本語インフォメーションセンター)を設立。
内閣府・国土交通省・農林水産省が認定した観光カリスマ百選の中でも「世界トップレベルの観光ノウハウを各地に広めるカリスマ」として、国内各地の地域振興・再生のコンサルタントとして多方面で活躍中。
1/18(木) 吉日媒體行銷有限公司 代表取締役 吉田 皓一氏
「海外マーケットの現状」

奈良県生。防衛大学校を経て慶應義塾大学経済学部卒業後、朝日放送入社。総合ビジネス局にて3年に渡りテレビCMの企画・セールスを担当したのち退職、2013年ジーリーメディアグループ創業。台湾・香港向け日本観光情報サイト「ラーチーゴー!日本」(日経優秀製品サービス賞・最優秀賞受賞)を運営するほか、台湾現地のメディアに多数出演。ラーチーゴー!日本と連動したアンテナショップを台北に運営する。中国政府公認の中国語検定試験・漢語水平考試(HSK)最高級所持。
2/8(木) 株式会社Huber. 代表取締役 紀陸 武史氏
「シェアリングエコノミーが開く観光の未来」

孫正義社長の後継者育成を目的として設立された「Softbank Academia」の外部一期生。
2015年4月に株式会社Huber.を設立。提供するサービス名は、TOMODACHI GUIDE。パーソナライズされた旅行体験を望む訪日外国人旅行者と、国際交流を望む日本人(主に大学生)をガイドとしてマッチングするプラットフォームサービスを提供中。
3月7日(水) 株式会社阿智☆昼神観光局 代表取締役 白澤 裕次氏
「地方活性化の成功事例」

1996 年に故郷である長野県阿智村の第三セクター「阿智総合開発」(現ジェイ・マウンテンズ・セントラル)に入社後、2010 年に代表取締役に就任。
2011 年より日本一の星空を基軸とした観光地域づくりを中心となり手掛け、2016 年に阿智村の阿智☆昼神観光局の代表取締役に就任。阿智村の観光や地域発展の一躍を担う。伊那市では、伊那リゾート代表取締役、伊那市観光専務取締役。
参加費 無料
定員 20名
内容 観光イノベーションアカデミーの【各セミナーの募集開始、お知らせ】はメールにて届けさせていただきますので、お気軽にご登録ください。メルマガ登録はこちらから
申込 お申し込みはこちらから。
お問い合わせ先 公益財団法人 都市活力研究所
TEL:06-6359-1322 FAX:06-6359-1329
メール:ページ右上の「お問い合わせ」ボタンよりお問い合わせください。

 当財団では、個人情報管理基本方針に従って個人情報を取扱っています。
▼個人情報の利用目的
 お申込みの際に記入いただいた個人情報は、このイベントを実施するために利用いたします。また、同意が得られた場合のみ、今後のイベント関連のご案内送付に利用させていただきます。
▼個人情報の共同利用
 お申込みの際に記入いただいた個人情報は、以下の共同利用者及び利用目的のために、共同して利用させていただくことがあります。
1.共同利用する個人情報の項目
お申込みの際に記入いただいた事項。氏名、メールアドレス、所属、電話番号等、以下利用目的に必要な範囲の項目。
2.共同利用者
このイベントの主催者、共催者、後援者、ならびに講演者。
3.利用目的
このイベントを実施するため。また、同意が得られた場合のみ、今後のイベント関連のご案内送付に利用させていただきます。
4.管理責任者
各共同利用者。


 なお、法令に定める場合を除き、これら以外の目的には利用または第三者提供いたしません。
 また、イベント開催時に風景写真を撮影し、財団ホームページ等に掲載する場合がございます。掲載にご同意いただけない場合は事前にお申し出いただきますようお願い申し上げます。