イベント・セミナー

2018年01月11日(木)開催

第22回観光のひろば『なぜ熊野古道に外国人観光客が殺到するのか?』

第22回観光のひろば『なぜ熊野古道に外国人観光客が殺到するのか?』
<主催>公益財団法人 都市活力研究所

<企画・運営>NPO法人 スマート観光推進機構

 都市活力研究所では観光関係者の情報交換や交流を目的とした「観光のひろば」を開催しています。

 今回は、民宿「霧の郷たかはら」オーナーの小竹治安様をお招き致しました。
熊野古道にある2008年にオープンした民宿『霧の郷たかはら』。標高320mの場所にあり、「雲海が漂い、幻想的な雰囲気を味わえる」宿として口コミが広がり、トリップアドバイザーの2016年ホテルアワード旅館部門で全国5位に輝いています。
今では、宿泊客の80%が外国人観光客だという熊野古道屈指の人気宿です。
『霧の郷たかはら』の立場から見て、“なぜ熊野古道に外国人観光客が殺到するのか?” “なぜ『霧の郷たかはら』に宿泊されるのか?”について、オーナーの小竹治安様に語っていただきたいと思います。
日時 2018年01月11日(木)
・セミナー 18:30~20:00
 (受付開始 18:00~)
・交流会  20:00~21:00
開催場所 都市活力研究所 セミナールーム
大阪市北区大深町3番1号
グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC (地図)
講師
小竹 治安(しの じあん) 氏



1971年 和歌山県の白浜にて生まれ、15歳の時、祖父の強制で英国へ留学する。英国で高校生活も含め6年間過ごした後、スペインへ留学。スペイン語を習う予定が、フラメンコギターに衝撃を受け、フラメンコギターを2年間勉強する。
母が他界した事を機に帰国。関西空港で経営予定のフランス料理店を引き継ぐが、大赤字を出し4年後に撤退。
その後、紆余曲折を得て和歌山県の「熊野古道の旅館の経営者募集」に応募し、『霧の郷たかはら』を開店。現在10年目を迎える。
第22回観光のひろば『なぜ熊野古道に外国人観光客が殺到するのか?』
参加費 無料

※別途交流会 2000円
定員 45名
申込 ページ下の「申込はこちら」ボタンよりお申込ください。

《個人情報に関するお断り》
 本セミナーはスマート観光推進機構との共同主催につき、お申込みいただきましたお客様のメールアドレス等の情報を同機構と共有いたしますことをあらかじめご了承願います。
お問い合わせ先 公益財団法人 都市活力研究所 (営業時間 月~金 9時~18時)
TEL:06-6359-1322 FAX:06-6359-1329
メール:ページ右上の「お問い合わせ」ボタンよりお問い合わせください。

 当財団では、個人情報管理基本方針に従って個人情報を取扱っています。
▼個人情報の利用目的
 お申込みの際に記入いただいた個人情報は、このイベントを実施するために利用いたします。また、同意が得られた場合のみ、今後のイベント関連のご案内送付に利用させていただきます。
▼個人情報の共同利用
 お申込みの際に記入いただいた個人情報は、以下の共同利用者及び利用目的のために、共同して利用させていただくことがあります。
1.共同利用する個人情報の項目
お申込みの際に記入いただいた事項。氏名、メールアドレス、所属、電話番号等、以下利用目的に必要な範囲の項目。
2.共同利用者
このイベントの主催者、共催者、後援者、ならびに講演者。
3.利用目的
このイベントを実施するため。また、同意が得られた場合のみ、今後のイベント関連のご案内送付に利用させていただきます。
4.管理責任者
各共同利用者。


 なお、法令に定める場合を除き、これら以外の目的には利用または第三者提供いたしません。
 また、イベント開催時に風景写真を撮影し、財団ホームページ等に掲載する場合がございます。掲載にご同意いただけない場合は事前にお申し出いただきますようお願い申し上げます。