事業実績

2016年06月03日(金)

GVH Meetup#1 「スタートアップのためのアメリカビザオプション」

GVH Meetup#1 「スタートアップのためのアメリカビザオプション」
起業家のためのコワーキングオフィスGVH Osakaでは、起業されている方、起業を考えている方を対象に、知識と人脈を広げるためのMeetupを定期的に開催していきます。

第1弾は米国ビザで高い信頼を得ているシリコンバレーの弁護士による「米国移民法ビザセミナー」です。
海外進出の際には避けては通れない「ビザ問題」。
数多くのベンチャー企業がビザで躓いていますが、米国で起業するため、或いは関連会社を設立するためにはどんなビザのオプションがあり、どのオプションが自分たちのビジネスに最適なのか、またどんな条件を満たさないといけないのか、スタートアップのハブ、シリコンバレーの移民の専門の弁護士が詳しく解説しました。
少人数のMeetup形式で、積極的かつ具体的な質疑応答がなされました。
日時 2016年05月19日(木)
17:30 受付開始
18:00~20:00予定(簡単な交流会を含む)
開催場所 都市活力研究所 セミナールーム
大阪市北区大深町3番1号
グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC (地図)
プログラム 18:00-20:00
 スタートアップのためのアメリカビザオプション
 (質疑応答、交流会含む)
講師
李 彦(り いえん)氏 
(カリフォルニア州弁護士)

中国上海に生まれ、8歳の時に日本へ移住。広島の高校を卒業後渡米。
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の社会学部を卒業し、1年間冨田法律事務所でリーガルアシスタントとして実務経験を積んだ後、シリコンバレーのサンタクララロースクール(Santa Clara University, School of Law)に入学。
在学中は学校付属の移民クリニックや非営利団体で移民希望者のビザ、永住権、および市民権取得に貢献。
また、連邦巡回区控訴裁判所にて上訴代表者の一人として、強制送還の危機に陥った方の強制送還一時取り消しを勝ち取ることに成功。ロースクールを2013年に卒業し、同年カリフォルニア州の弁護士資格を取得。以来冨田法律事務所で弁護士として活躍し、現在はシリコンバレーオフィスの責任者を務める。
英語、日本語、中国語が堪能。
GVH Meetup#1 「スタートアップのためのアメリカビザオプション」
参加費 無料
参加人数 4名

≫事業実績一覧へ戻る