事業実績

2017年04月14日(金)

第22回バイオメディカル研究会

第22回バイオメディカル研究会
「クリニカルバイオバンク・データベースの現状と将来展望」

今回は「クリニカルバイオバンク・データベースの現状と将来展望」と題し、現状・課題・取組みについてご紹介いただくと共に、創薬応用への展望について議論しました。

【主催】 日本バイオインフォマティクス学会・関西地域部会
【共催】 公益財団法人都市活力研究所
【後援】 NPO法人近畿バイオインダストリー振興会議 
     NPO法人バイオグリッドセンター関西
----------------------------------------

セミナーちらし

日時 2017年03月11日(土)
【研究会】 13時30分~17時
【懇親会】 17時30分~19時30分
開催場所 【研究会】
大阪市北区大深町3番1号
グランフロント大阪 北館 タワーC 9階
Vislab Osaka (地図)

【懇親会】
公益財団法人都市活力研究所 セミナー室
大阪市北区大深町3番1号
グランフロント大阪 北館 タワーC 7階(地図)
講師
講演1
「遺伝子関連検査と医療ビッグデータ:その現状と将来展望」
松下 一之 先生(千葉大学)
第22回バイオメディカル研究会
講演2
「ゲノム医療を切り拓くクリニカルバイオバンク」
西原 広史 先生(北海道大学)
第22回バイオメディカル研究会
講演3
「岡大バイオバンクの取り組み:日本の創薬を元気にする」
森田 瑞樹 先生(岡山大学)
第22回バイオメディカル研究会
講演4
「生活習慣と連動した腸内細菌叢の形成と健康科学への新展開」
國澤 純 先生(医薬基盤・健康・栄養研究所)
第22回バイオメディカル研究会
講演5
「バイオバンク活用にむけた業界での取り組み」
赤塚 浩之 先生(田辺三菱製薬)


パネルディスカッション
「バイオバンク・データベースの現状課題と将来展望」

AMED(バイオバンク事業部・部長 加藤氏)、METI(生物化学産業課・産業分析研究官 新階氏)
MEXT(ライフサイエンス課・課長 原氏)、松下先生、西原先生、森田先生、國澤先生、赤塚先生
坂田先生(阪大)、奥野先生(京大)、白井先生(長浜バイオ)、松本先生(大日本住友製薬)

17:00 閉会挨拶

17:30 懇親会
第22回バイオメディカル研究会
参加費 【研究会】無料
【懇親会】2,000円/人
参加人数 59名
(交流会 32名)

≫事業実績一覧へ戻る