イベント・セミナー

2022年05月20日(金)開催

第2回次世代モダリティセミナー ~次世代モダリティとしてのmRNA~

 特定非営利活動法人情報計算化学生物学会・CBI研究機構・次世代モダリティ研究所は、患者さんを救うために医療を変える日本発のオリジナリティの高い次世代のモダリティ(新しい医薬品の形)について研究しています。
 今回のセミナーでは東京医科歯科大学 生体材料工学研究所生体材料機能医学分野 教授 位髙 啓史氏、新潟薬科大学 客員教授 古市 泰宏 氏、Moderna APAC, Director, Scientific Leadership Dr. Chris Clark、モデルナ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 鈴木 蘭美 氏をお招きしてご講演いただきます。また、各講師のご講演後に特定非営利活動法人情報計算化学生物学会・CBI研究機構・次世代モダリティ研究所所長(大阪大学共創機構 特任教授)の坂田 恒昭 氏を座長としてパネルディスカッションを行います。
【主 催】NPO法人情報計算化学生物学会・CBI研究機構・次世代モダリティ研究所 
関西医薬品協会
LINK-J(一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン)
【共 催】公益財団法人都市活力研究所
【協 力】バイオコミュニティ関西(BiocK)

チラシ

日時 2022年05月20日(金)
14時00分~16時15分
開催場所 ・セミナー
会場:オンライン/zoom
プログラム 14時00分~14時10分 「挨拶/次世代モダリティ研究所のご案内」
特定非営利活動法人情報計算化学生物学会・CBI研究機構・次世代モダリティ研究所所長
大阪大学共創機構 特任教授 坂田 恒昭 氏
14時10分~14時15分 「挨拶」
 関西医薬品協会理事長 國枝 卓 氏
14時15分~14時45分 
「mRNA創薬の過去・現在・未来」
東京医科歯科大学 生体材料工学研究所
生体材料機能医学分野 教授 位髙 啓史 氏
14時45分~15時15分
「mRNAワクチンにおけるキャップ構造の重要性」(仮題)
新潟薬科大学 客員教授 古市 泰宏 氏
15時15分~15時45分
「mRNAの可能性の最大化に向けて」
Dr. Chris Clark, Director, Scientific Leadership – APAC, Moderna
モデルナ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 鈴木 蘭美 氏
(※Dr. Chris Clarkの講演は英語です。通訳はありません。)
15時45分~16時15分
「パネルディスカッション」
座長:特定非営利活動法人情報計算化学生物学会・CBI研究機構・次世代モダリティ研究所所長
大阪大学共創機構 特任教授 坂田 恒昭 氏
パネリスト:講師の先生方
参加費 無料
定員 1000名
申込 ページ下の「申込はこちら」ボタンよりお申込ください。
なお、申込みを頂きました時点で、個人情報の利用に同意頂いたものとし、今後のイベント関連のご案内を送付させて頂くことがあります。
お問い合わせ先 公益財団法人都市活力研究所
TEL:06-6359-1322 FAX:06-6359-1329
メール:ページ右上の「お問い合わせ」ボタンよりお問い合わせください。

 当財団では、個人情報管理基本方針に従って個人情報を取扱っています。
▼個人情報の利用目的
 お申込みの際に記入いただいた個人情報は、このイベントを実施するために利用いたします。また、同意が得られた場合のみ、今後のイベント関連のご案内送付に利用させていただきます。
 なお、法令に定める場合、または別途お知らせする場合を除き、これら以外の目的には利用または第三者提供いたしません。
 また、イベント開催時に風景写真を撮影し、財団ホームページ等に掲載する場合がございます。掲載にご同意いただけない場合は事前にお申し出いただきますようお願い申し上げます。

お申し込みはこちら