イベント・セミナー

2022年05月28日(土)開催

バイオグリッド研究会2022 ―いのちかがやく未来社会のデザインに向けて 健康DXサービスの創出―

ビッグデータやAIが浸透するなか、ヘルスケア分野においてもデータ活用の可能性がますます増大しつつあります。健康寿命の延伸また、人々の生活に与える影響も計り知れないものになると期待されております。今後、様々な健康データがヘルスケア分野で活用されることによる期待や課題を取り上げ、人口減少、労働人口の減少に伴う今後の社会の在り方について意見交換をしたいと思います。
関西はグローバルバイオクラスターへの認定、うめきた2期(2024年開業)、大阪関西万国博覧会(2025年開催)と大きなイベントが控えており、いずれもライフサイエンスを大きなテーマの一つに掲げております。
4/22、バイオコミュニティ関西(BiocK)が内閣府のグローバルバイオコミュニティに認定され、バイオグリッドセンター関西は、BiocKのビッグデータヘルスケア分科会を担当しています。この分科会の構想の実現に向けて関係団体が一堂に会し、ゴールイメージのブラシュアップや課題について議論したいと思います。
今後のこの研究会が関西のバイオ産業の振興、ひいては国民の健康の増進に寄与することを祈念いたします。

主催:NPO法人バイオグリッドセンター関西、バイオコミュニティ関西(BiocK)
共催:(公財)都市活力研究所、NPO法人近畿バイオインダストリー振興会議、大阪大学サイバーメディアセンター
日時 2022年05月28日(土)
13:30-15:30
開催場所 オンライン zoom
現地会場 ナレッジキャピタル カンファレンスルーム C01
(大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 北館 タワーC8 階)
プログラム 13:30-15:30 パネルディスカッション 健康DXサービスの創出に向けて
 
司会:坂田恒昭
(バイオグリッドセンター関西 理事、大阪大学共創機構 特任教授)
パネリスト:(50音順)
奥野恭史
(バイオグリッドセンター関西 理事、(一社)ライフインテリジェンスコンソーシアム代表理事、京都大学大学院医学研究科 教授)
下條真司
(バイオグリッドセンター関西 理事長、大阪大学サイバーメディアセンター 教授)
西水卓矢
(阪急阪神ホールディングス(株)事業開発部 部長)
八木康史
((一社)データビリティコンソーシアム 代表理事、大阪大学産業科学研究所 教授)
坪田友巳(大阪府CIO兼スマートシティ戦略部長)
参加費 無料
定員 オンライン 500名
会場 30名
申込 ページ下の「申込はこちら」ボタンよりお申込ください。
なお、申込みを頂きました時点で、個人情報の利用に同意頂いたものとし、今後のイベント関連のご案内を送付させて頂くことがあります。
お問い合わせ先 公益財団法人都市活力研究所
TEL:06-6359-1322 FAX:06-6359-1329
メール:ページ右上の「お問い合わせ」ボタンよりお問い合わせください。

 当財団では、個人情報管理基本方針に従って個人情報を取扱っています。
▼個人情報の利用目的
 お申込みの際に記入いただいた個人情報は、このイベントを実施するために利用いたします。また、同意が得られた場合のみ、今後のイベント関連のご案内送付に利用させていただきます。
 なお、法令に定める場合、または別途お知らせする場合を除き、これら以外の目的には利用または第三者提供いたしません。
 また、イベント開催時に風景写真を撮影し、財団ホームページ等に掲載する場合がございます。掲載にご同意いただけない場合は事前にお申し出いただきますようお願い申し上げます。

お申し込みはこちら