事業実績

2019年03月12日(火)

第19回関西ライフサイエンスリーディングサイエンティストセミナ―

第19回関西ライフサイエンスリーディングサイエンティストセミナ―
【主催】 NPO法人近畿バイオインダストリー振興会議
     公益財団法人都市活力研究所
【共催】 NPO法人バイオグリッドセンター関西
【後援】 関西医薬品協会
【監修】 坂田恒昭
     (大阪大学サイバーメディアセンター 招聘教授)
      竹田 潔
      (大阪大学大学院医学系研究科・免疫制御学、
        免疫学フロンティア研究センター 教授)

 本セミナーは、ライフサイエンス分野で最先端の研究を展開されている関西の先生方にご講演をいただき、製薬、医療機器、診断薬、健康食品、医療関係者などのライフサイエンス関係者および一般の方々に、健康・医療産業に対するインスピレーションと産業化へのイマジネーションを感じていただくことを目的としています。このことは、産官学にわたる組織横断的なコミュニティーの醸成と、産官学の対話促進につながるものと期待しています。

゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

チラシ(次回告知入り)

日時 2019年03月05日(火)
【セミナー】 15時~17時半 (受付開始14時半~)
【交流会】  17時半~18時半
開催場所 【セミナー】
ナレッジキャピタル カンファレンスルーム C_05
大阪市北区大深町3番1号
グランフロント大阪 北館 タワーC 8階(地図)

【交 流 会】
公益財団法人都市活力研究所 セミナールーム
大阪市北区大深町3番1号
グランフロント大阪 北館 タワーC 7階(地図)
講師
15:00~16:00
「ネットワーク構造から生まれる命システムの恒常性」
京都大学ウイルス・再生医科学研究所
教授 望月 敦史
第19回関西ライフサイエンスリーディングサイエンティストセミナ―
16:00~17:00
「活性型インテグリンβ7を標的とした多発性骨髄腫に対する新規CAR T細胞療法の開発」
大阪大学大学院 医学系研究科 癌幹細胞制御学
准教授 保仙 直毅
第19回関西ライフサイエンスリーディングサイエンティストセミナ―
講義風景

フロアの参加者の皆さんからも時間をオーバーするほど多くのご質問やご意見をいただき、活発に議論することができました。
第19回関西ライフサイエンスリーディングサイエンティストセミナ―
交流会風景

坂田先生の乾杯のご発生により交流会が始まり、講師の先生方を交えて参加者の皆さんの積極的な意見交換の場となりました。
第19回関西ライフサイエンスリーディングサイエンティストセミナ―
  第19回関西ライフサイエンスリーディングサイエンティストセミナ―
参加費 無料
(交流会: 1,000円/人)
参加人数 【セミナー】 34名
【交流会】  15名
内容 【次回のご案内】 <第20回 >
日 時: 2019年6月25日(火) 15:00~18:00
場 所: ナレッジキャピタル カンファレンスルーム (C05)
(グランフロント大阪 タワーC 8階)

<プログラム>
15:00~16:00
「ライフサイエンス・オープンイノベーションに対する私感」
大阪大学サイバーメディアセンター 招聘教授 坂田 恒昭

16:00~17:00
「腸管恒常性維持機構の解析―炎症腸疾患の病態解明に向けて―」
大阪大学大学院 医学系研究科 教授 竹田 潔

17:00~18:00
 交流会・名刺交換会

≫事業実績一覧へ戻る