イベント・セミナー

2017年09月22日(金)開催

第20回観光のひろば「由布院温泉の観光まちづくりから全国へ、そして静岡県小山町のまちづくりの挑戦!」

第20回観光のひろば「由布院温泉の観光まちづくりから全国へ、そして静岡県小山町のまちづくりの挑戦!」
<主催>公益財団法人 都市活力研究所

<企画・運営>NPO法人 スマート観光推進機構

 都市活力研究所では観光関係者の情報交換や交流を目的とした「観光のひろば」を開催しています。

 今回は、静岡県駿東郡小山町まちづくり専門監の溝口久氏に湯布院時代の活躍を含めて語っていただき、「まちづくりとは?」「観光とは?」の原点について学びたいと思います。

 都市計画は、行政がコンサルタントと考え審議会を経て住民説明するのが一般的ですが、「もっと早い段階から住民参加を求め、一緒に自らのマチを造っていく作業こそが大切」と言い、実践して来られた溝口氏。平成7年に由布院温泉観光協会事務局長の全国公募に応募し、静岡県の派遣研修制度で湯布院町に出向。数々の町おこしを実践するとともに、隠岐の島海士町などの町おこしにも影響を与え、行政の業務を超えてまちづくりに奔走された。平成26年に静岡県を早期退職。静岡県小山町のまちづくり専門監として活躍されている溝口氏にお話し頂きます。

-----・・・・・----------・・・・・----------・・・・・-----
日時 2017年09月22日(金)
・セミナー 18:30~20:00
 (受付開始 18:00~)
・交流会  20:00~21:00
開催場所 <セミナー/ 交流会 >
都市活力研究所 セミナールーム
大阪市北区大深町3番1号
グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC (地図)
講師
  第20回観光のひろば「由布院温泉の観光まちづくりから全国へ、そして静岡県小山町のまちづくりの挑戦!」
溝口久氏 プロフィール

昭和58年 静岡県入庁
平成8,9年  由布院温泉観光協会事務局長の全国公募に応募し、静岡県の派遣、 研修制度により湯布院町へ出向。
・ ゆふいん親類クラブ、観光マインド事業、駅アートホール運営の立上げ
・ 建築環境デザインガイドブック作成など民間主導まちづくり
平成16年「しずおか国際園芸博覧会パシフィックフローラ2004」計画の作成
平成20年富士山静岡空港開港目前に新設された観光局に着任
平成26年静岡県を早期退職、静岡県駿東郡小山町まちづくり専門監に着任(一級建築士、建築主事、国内旅行取扱い主任)

平成14年 川根温泉株式会社支配人の全国公募をアドバイス
・ 舘山寺温泉を中心に観・農・漁・商を結びつける企画アドバイス
平成18年 映画「天まであがれ!」をサポート
・ 伊豆稲取温泉復活に「雛の里づくり委員」としてアドバイス
平成19年 稲取温泉観光協会事務局長全国公募企画アドバイス(1281人応募)
平成20年 日本三大つるし飾りサミット
平成23年 焼津の人づくり塾「焼津トロ箱カレッジ」講師
平成24年 寸又峡温泉にて「若者が地域を変える」フォーラム企画
平成25年 NPO法人元気里山の相談役

・ 小田原市ファンクラブ「小田原評定衆」
・ 全国都道府県職員有志の人的ネットワーク「Jネット47」会員
・ 寸又峡まちづくり会議実行委員相談役
参加費 無料

※別途交流会 2000円
定員 45名
申込 ページ下の「申込はこちら」ボタンよりお申込ください。

《個人情報に関するお断り》
 本セミナーはスマート観光推進機構との共同主催につき、お申込みいただきましたお客様のメールアドレス等の情報を同機構と共有いたしますことをあらかじめご了承願います。
お問い合わせ先 《イベントに関するお問い合わせ先》
 公益財団法人都市活力研究所(近藤、會澤)
 TEL: 06-6359-1322 FAX: 06-6359-1329
 Email: hiroba(あっと)urban-ii.or.jp

《NPO入会に関するお問い合わせ先》
 NPO法人スマート観光推進機構 (星乃)
 TEL:090-5645-1710
 Email: hoshino3014(あっと)gmail.com

※(あっと)を「@」に変えてご利用ください。

 当財団では、個人情報管理基本方針に従って個人情報を取扱っています。
▼個人情報の利用目的
 お申込みの際に記入いただいた個人情報は、このイベントを実施するために利用いたします。また、同意が得られた場合のみ、今後のイベント関連のご案内送付に利用させていただきます。
▼個人情報の共同利用
 お申込みの際に記入いただいた個人情報は、以下の共同利用者及び利用目的のために、共同して利用させていただくことがあります。
1.共同利用する個人情報の項目
お申込みの際に記入いただいた事項。氏名、メールアドレス、所属、電話番号等、以下利用目的に必要な範囲の項目。
2.共同利用者
このイベントの主催者、共催者、後援者、ならびに講演者。
3.利用目的
このイベントを実施するため。また、同意が得られた場合のみ、今後のイベント関連のご案内送付に利用させていただきます。
4.管理責任者
各共同利用者。


 なお、法令に定める場合を除き、これら以外の目的には利用または第三者提供いたしません。
 また、イベント開催時に風景写真を撮影し、財団ホームページ等に掲載する場合がございます。掲載にご同意いただけない場合は事前にお申し出いただきますようお願い申し上げます。